世界一受けたい授業で語った太田教授の思い

投稿者: | 2016年9月15日

世界一受けたい授業で語った太田教授の思い
2016年3月5日放送の日本テレビ系列放送の「世界一受けたい授業」で公開されてミトコンドリアを活性化させる手法の一つに、水素水が姿を見せました。

ご説明は水素第一人者である日本医科大学の太田教授でありましたね。どんな様なお話でしたのでしょうか。

今回立案された日本医科大学の太田教授は2007年に各国に対して水素が活性酸素を取り除くことを公にした、水素水のパイオニアです。当時の発表事項は社会環境を驚かせ、NHKニュースでも取り扱われました。

このポイントから、水素水という販売物が関係してったのですが、あの時は目新しすぎて、その有用性に誰も信じない関心を向ける方が多く、その上マスメディアのからかい方も相まって、太田教授個人苦い体験をしたことを自らの著書で話しています。

太田教授がペテン・トンデモと噂されていたことを大公開

そうは言っても、そうして太田教授のたゆみない水素水の効き目の普遍化や、ゆるゆるその優秀さに体験者が気が付いていき、今日この頃水素水に相当高い人気を博していることになってます。